トップページ →結婚の手続き
これまで、結婚式の流れや、ウエディングドレスなどについて解説してきましたが、ここでは、結婚する際に必要な婚姻届などの、書類などにかんして説明します。


一般的に、結婚をすると名字が変わります。

そのためには、市区役所にて、戸籍の変更、印鑑証明の変更、住民票の変更など、様々な手続きが必要となります。


婚姻届けは、市区役所でもえます。

そして、新郎新婦の二人の署名と捺印をし、本籍地、もしくは所在地の市区役所に提出します。

書き間違えたときのことを考えて、予備として2、3枚もらっとくとよいでしょう。

受理されると、自動的に、以前の戸籍から削除され、新しい戸籍が作成されます。

提出は、二人で行くこほとんどですが、身内などの代理人でも大丈夫です。


海外で届け出を打数場合は、受理証明書などの手続きが必要になります。

よって、先に国内の役所にて手続きや相談をしておくことが重要となります。

また、パスポートと現在名前が同じである必要があるため、注意が必要です。


また、婚姻届けとは、365日24時間いつでも受付してもらえます。

ただ、時間外窓口があるところでのみとなります。

あらかじめ、窓口の開いている時間を調べておきましょう。

あと、成人2名の証人のサインと捺印が必要です。


両親、友人、誰でもかまいません。

当日、市区役所で記述内容を訂正をする場合は印鑑が必要となるので、印鑑を持って行きましょう。

また、現在住んでいる地域の市区役所に婚姻届けを提出する必要があるので、引っ越しを予定されている方は、住民票などの住所を確認しましょう。

結婚式までの流れ

結婚式までの流れを見てみましょう。最初に、相手の両親への挨拶に行くことになると思います。まずは、相手の両親の予定を聞きましょう。また、服装についてですが、男性の場合はスーツ、女性の場合もスーツか、もしくはカジュアルになりすぎない服装がよいでしょう。

結婚指輪・婚約指輪

結婚となれば、婚約指輪や結婚指輪を購入することになるかと思います。では、この婚約指輪と結婚指輪の違いとは何なのでしょうか?婚約指輪とは、男性が婚約の証に女性にプレゼントする指輪です。結婚指輪とは、結婚式の際に交換する、ペアの指輪のことです。

ウェディングドレス

ウエディングドレスとは、結婚式で花嫁が着用するドレスのことです。一般的には、ドレスに付属するベールやグローブやその他アクセサリーも含まれます。ウエディングドレスの歴史ですが、過去をたどっていくと、古代エジプトやギリシャの時代までさかのぼります。

結婚の手続き

これまで、結婚式の流れや、ウエディングドレスなどについて解説してきましたが、ここでは、結婚する際に必要な婚姻届などの、書類などにかんして説明します。一般的に、結婚をすると名字が変わります。そのためには、市区役所にて、戸籍の変更、印鑑証明の変更、住民票の変更など、様々な手続きが必要となります。


PRサイト