トップページ →結婚式までの流れ
結婚式までの流れを見てみましょう。
まとめてみると、下記のようになるかと思います。


最初に、相手の両親への挨拶に行くことになると思います。

まずは、相手の両親の予定を聞きましょう。

また、服装についてですが、男性の場合はスーツ、女性の場合もスーツか、もしくはカジュアルになりすぎない服装がよいでしょう。

また、お宅へ伺う際、手土産を持って行くようにしましょう。

内容は相手の両親が好きなものにしましょう。


次に、両家の両親の顔合わせとなります。

通常は、男性側の両親が、女性側の両親に連絡を取るのが普通です。

あまり堅苦しく考えずに、声をかけましょう。

結婚となると、結納をするのかしないのか、結婚式の形式や、様々なことを打ち合わせする必要があります。

打ち合わせをする場所ですが、ホテルやレストランで行う場合や、どちらかの家で行うこともあるようです。

この際も、手土産を持って行くとよいでしょう。



ここまで決まったら、いよいよ結婚式の準備となります。

式の予算や日程、誰を呼ぶかなどを考えます。

日程ですが、通常は、日柄のよい土日祝日のどれかを選びます。

また、日柄のよい日は人気で、式場が開いていない場合も多いので、第3希望くらいまで日にちを決めておきましょう。

招待する人数ですが、両家のバランスを考え、祝辞や余興をお願いするひとには依頼のメモを同封します。

司会者や、祝辞や、余興などを決め、出演してもらいたい方などと打ち合わせをします。

また、披露宴の席次というのはだいたい決まっているので、それに乗っ取って決めます。

結婚式までの流れ

結婚式までの流れを見てみましょう。最初に、相手の両親への挨拶に行くことになると思います。まずは、相手の両親の予定を聞きましょう。また、服装についてですが、男性の場合はスーツ、女性の場合もスーツか、もしくはカジュアルになりすぎない服装がよいでしょう。

結婚指輪・婚約指輪

結婚となれば、婚約指輪や結婚指輪を購入することになるかと思います。では、この婚約指輪と結婚指輪の違いとは何なのでしょうか?婚約指輪とは、男性が婚約の証に女性にプレゼントする指輪です。結婚指輪とは、結婚式の際に交換する、ペアの指輪のことです。

ウェディングドレス

ウエディングドレスとは、結婚式で花嫁が着用するドレスのことです。一般的には、ドレスに付属するベールやグローブやその他アクセサリーも含まれます。ウエディングドレスの歴史ですが、過去をたどっていくと、古代エジプトやギリシャの時代までさかのぼります。

結婚の手続き

これまで、結婚式の流れや、ウエディングドレスなどについて解説してきましたが、ここでは、結婚する際に必要な婚姻届などの、書類などにかんして説明します。一般的に、結婚をすると名字が変わります。そのためには、市区役所にて、戸籍の変更、印鑑証明の変更、住民票の変更など、様々な手続きが必要となります。


PRサイト


[PR] i2iPointならポイントで稼げる!
無料のサービスやネットショッピングなどでお得にお小遣い稼ぎが出来る!!