トップページ →ウェディングドレス
ウエディングドレスとは、結婚式で花嫁が着用するドレスのことです。

一般的には、ドレスに付属するベールやグローブやその他アクセサリーも含まれます。


ウエディングドレスの歴史ですが、過去をたどっていくと、古代エジプトやギリシャの時代までさかのぼります。

ウエディングドレスがなぜ白が多いのかというと、純白なイメージの白が好まれたからです。

ローマ時代の遺跡にも、白いベールで包まれた花嫁の壁画が残っています。

また中性ヨーロッパでは、キリスト教の宗教的な理由から、黒いドレスと白いベールという組み合わせの服が着用されていました。

16世紀になると、ベールのみが白で、ドレスには様々な色が用いられるようになります。

今のように、ウエディングドレスが白に定着したのは19世紀後半になります。

イギリスのビクトリア女王が来た白いウエディングドレスが元となります。

女性の処女性のイメージを出すために純潔な白を、女王や王室の花嫁たちや上流階級が好んで着ていました。

白いウエディングドレスを着るとことは、一つのステイタスにもなっていました。

これが、次第に庶民にも広まっていき、いまのスタイルができあがったと言われています。

また、結婚式とは、宗教的な儀式としての意味合いがあるので、あまり肌の露出が高いドレスは好まれません。

そのため、床まで裾を引くようなドレスや、長い袖、もしくはグローブを着用したり、胸元が隠れるようなドレスが、格式が高いとされています。 

結婚式までの流れ

結婚式までの流れを見てみましょう。最初に、相手の両親への挨拶に行くことになると思います。まずは、相手の両親の予定を聞きましょう。また、服装についてですが、男性の場合はスーツ、女性の場合もスーツか、もしくはカジュアルになりすぎない服装がよいでしょう。

結婚指輪・婚約指輪

結婚となれば、婚約指輪や結婚指輪を購入することになるかと思います。では、この婚約指輪と結婚指輪の違いとは何なのでしょうか?婚約指輪とは、男性が婚約の証に女性にプレゼントする指輪です。結婚指輪とは、結婚式の際に交換する、ペアの指輪のことです。

ウェディングドレス

ウエディングドレスとは、結婚式で花嫁が着用するドレスのことです。一般的には、ドレスに付属するベールやグローブやその他アクセサリーも含まれます。ウエディングドレスの歴史ですが、過去をたどっていくと、古代エジプトやギリシャの時代までさかのぼります。

結婚の手続き

これまで、結婚式の流れや、ウエディングドレスなどについて解説してきましたが、ここでは、結婚する際に必要な婚姻届などの、書類などにかんして説明します。一般的に、結婚をすると名字が変わります。そのためには、市区役所にて、戸籍の変更、印鑑証明の変更、住民票の変更など、様々な手続きが必要となります。


PRサイト